きらめきブログ

├屋根工事(戸建)

瓦葺きの屋根にお住まいのお客様必見!!

皆様、お久しぶりです。
初めてご観覧いただいたお客様
初めまして、きらめきスタッフの和田と申します。

さて、かつて城下町だった高槻の街並みには
今も古き良き日本家屋がたくさん残っています。

近年では、外壁はサイディング
屋根はスレート瓦など
メンテナンスのしやすさから
上記の素材が選ばれている傾向にあります。

だからこそ、和瓦に漆喰やモルタルの壁を
今も大切に残している家屋を
本当に魅力的に感じます。

今回は、日本家屋の良さを表す
瓦葺のメンテナンスの一部をご紹介致します。

一般的に、高槻市では青やヤマブキ色、緑などの「陶器瓦」と
太陽の光に銀色に輝く「いぶし瓦」が多く見られます。

「陶器瓦」

「いぶし瓦」

これらの瓦葺きの屋根には、漆喰(しっくい)という
瓦の接着剤が使われています。
よく屋根の隙間に練り込まれてある、白い塊のようなものです。

接着材というのは、ものの例えではありますが
この漆喰の役割は非常に重要で、主な役割は防水
また、瓦を正しい位置にとどめておくためには
無くてはならない存在です。

漆喰の傷みを放置してしまうと
屋根からの雨漏りを引き起こし、木でできた家の骨組みや
部屋の天井を駄目にしてしまったり
強い風や、地震で簡単に瓦を屋根から落下させてしまいます。

「漆喰劣化による室内への雨漏り」

この漆喰のメンテナンスとして

現在屋根についている古い漆喰を丁寧にとりはずし、

瓦にズレがあれば元の位置にしっかりと積直して、
新しい漆喰を、隙間が出来ないようにしながら
また屋根をつたう雨水の流れも計算して、均一に
塗り込んでいきます。

厚みがありすぎてもダメ
薄すぎてもダメ

また漆喰は真っ白、、とまではいきませんが
屋根瓦の色からすれば十分白いので
とにかく目立ちます。
なので美しく塗るのも大切なポイントですね

「漆喰交換前」

「既存漆喰撤去」


「撤去後」

「新しい漆喰の塗り付け」

「漆喰の交換作業完了」

漆喰の点検時期は、前回のメンテナンスから

だいたい10年を過ぎたあたりからをオススメ致します!

ところどころ漆喰が剥がれ落ちていたり
土が見え始めているのを少しでも見つけたら
まずは屋根の状態を一度確認してもらった方が
いいかもしれません。

酷い雨漏りを引き起こしてしまうと
屋根そ
のものの工事を行わなくてはいけなくなり
その分費用も、時間も多く必要としてしまいます。

一度、家の屋根の様子をご確認されたいとお考えのお客様
ぜひ弊社までお声かけ下さい。
くまなく点検し、お客様の屋根の現在の状態をカメラで撮影し
ご説明させて頂きます!

トゥインクルワールド株式会社
きらめきペイントきらめきルーフ
外壁塗装・屋根改修・防水工事専門店
すべての工事を、完全自社施工!!

<本社>
●大阪府高槻市松が丘1-6-30
 TEL 072-668-1309 / FAX 072-668-1409

<高槻南店・きらめきショールーム>
●大阪府高槻市津之江町2-21-5
 TEL 072-668-3985 / FAX 072-668-3986

フリーダイヤル:0120-517-116

お気軽にご連絡ください。

『昨日から学び、今日を生き、明日へ期待しよう』
きらめきスタッフ 和田 真由美

きらめきペイント・きらめきルーフ(トゥインクルワールド株式会社)のfacebookページはこちら↓     ↓     ↓

きらめきペイントHPはこちら
↓     ↓     ↓

きらめきルーフHPはこちら
↓     ↓     ↓

大阪府 高槻市 塗装 屋根 工事 塗り替え
葺き替え 重ね葺き 費用 見積 雨漏り
雨の日 塗装後 工期 塗料 ガルバリウム

この記事を書いた人
KIRAMEKI
この記事をシェアする

外装リフォームならきらめきグループにお任せ!

サービス紹介service

塗装工事

屋根工事

屋根工事

屋根工事

PAGE UP
お問い合わせ
資料請求
PC版